恋がしたくなる映画

【ネタバレなしの感想】「(500)日のサマー」は女心の難しさを感じる、せつない恋の映画

映画「(500)日のサマー」の画像

 

 

アナタは、好きな人の気持ちが分からずに、悩んだことはありませんか?

 

もしくは、いい感じだと思っていた人から、急に連絡が来なくなったことは?

 

ぼくは両方ともあります。。切ないですよね。

 

そんなアナタに、ピッタリの映画があります。

 

それが、「(500)日のサマー」

 

2010年に公開された恋愛映画で、冴えない主人公の青年が、小悪魔な美女に翻弄されるラブストーリーです。

 

観た時に楽しんでもられるように、極力ネタバレはしないで紹介してきますね。

 

 

この映画がおすすめな人
  • 好きな人の考えていることがさっぱり分からず悩んでいる学生
  • 運命の出会いを信じている20・30代のOLさん
  • 仕事が忙しくて、最近恋愛していない20・30代のサラリーマン

 

では、行ってみましょう!

 

「500日のサマー」のキャスト

 

 

監督

 

  • マーク・ウェブ

 

出演

 

  • ジョセフ・ゴードン=レヴィット(トム・ハンセン)
  • ズーイー・デシャネル(サマー・フィン)
  • ジェフリー・エアンド(マッケンジー)
  • マシュー・グレイ・ガブラー(ポール)
  • クロエ・グレース・モレッツ(レイチェル・ハンセン)
  • クラーク・グレッグ(ヴァンス)

 

 

監督は、「アメイジング・スパイダーマン」「gifted(ギフテッド)」マーク・ウェブ

 

ロマンティックに運命の出会いを信じる主人公トム・ハンセンは、「インセプション」「スノーデン」に出演したジョセフ・ゴードン=レヴィット

 

現実主義で小悪魔的な魅力を持つサマーは、「イエスマン」でもヒロインを務めた、ズーイー・デシャネル

 

トムの妹レイチェルを、幼いクロエ・グレース・モレッツが演じており、今の美しい彼女の面影はありつつも、可愛らしい女の子という感じが、面白いですね。

 

「500日のサマー」のあらすじ

 

建築家になりたかったが、結局グリーティングカード会社に就職して、退屈で平凡な毎日を送っていたトム

 

そんな平凡な生活は、突然現れたサマーによって変わってしまいます。

 

サマーに一目惚れしたトムは、偶然、好きな音楽が一緒だと知り、サマーを運命の人だと思います。

 

デートを重ねて、2人は距離を縮めますが、サマーは、自身の両親が離婚したことなどから、運命の出会いを信じておらず、「付き合う気はない」とのこと。

 

トムは、「それでも、かまわない」と、曖昧な関係をつづけるが…。

 

というのが、ざっくりした、あらすじです。

 

 

不思議な魅力で男性を引きつける小悪魔的なサマーに、主人公が翻弄されてしまうというストーリーですね。

 

はじめに見た時は生粋のDTだったので、トム目線で、思わせぶりな態度を取るサマーを、「○ッチ」だと思っていました。

 

しかし、最近見た時は、多少恋愛経験を積んだことにより、「トムもロマンチストすぎるやろ…」と感じるように。

 

また、男女でも感じ方が変わるのではないでしょうか。

 

ぜひ、その目で、トムとサマー、どっちに感情移入するか確かめてみては。

 

ピックアップキャラ:レイチェル/クロエ・グレース・モレッツ

 

(500)日のサマーからピックアップするキャラクターは

 

トムの妹、レイチェル

 

小学生ながらも、恋愛マスターとして、10歳以上年の離れた兄に、大人顔負けの鋭いアドバイスをする姿が、面白いです。

 

トムもレイチェルのことを妹ではなく、恋愛の師匠としてガチ相談しているので、ありえない設定ではありますが、微笑ましい兄弟シーンが多いですね。

 

日本のアニメなどでは、小学生だけど、ませていて、幼いとは思えない発言をするのが面白いキャラクターはいますが、洋画では珍しいのではないでしょうか(笑)

 

また、レイチェルを演じた、クロエ・グレース・モレッツが、めっちゃ可愛いので、是非チェックしてください。

 

「500日のサマー」の感想

 

先述したのですが、初めて観たのが、高校生の時だったと思うので、完全にトムに感情移入して、「ひどい女性がいるんだなぁ」と、大人の恋愛の難しさを痛感しました。

 

しかし、大人になって、改めて観てみると、サマーだけに非があるのではなく、トム側にも問題点はあることに気づけました。

 

ただ、何回観てもデートシーンは最高でしたね。

 

テンプレートなラブストーリーに飽き飽きした人には、おすすめの作品なので、是非チェックしてください。