泣ける映画

【ネタバレなし】「ビューティフル・マインド」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

【ネタバレなし】「ビューティフル・マインド」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

 

 

アナタは映画が好きですか?

 

 

…いいですね!

 

 

では、『ビューティフル・マインド』を見たことがありますか?

 

 

むむむ…

 

 

見ているアナタは相当な映画好きですね…!

 

 

知る人ぞ知る映画ですが、面白くて見やすいので、どんな人でもおすすめできる映画です。

 

 

今回は、見ていないけど気になっている方向けに、『ビューティフル・マインド』のあらすじ、魅力を紹介します。

 

『ビューティフル・マインド』とはどんな映画?

 

『ビューティフル・マインド』は、2001年のアメリカ映画。

 

 

アカデミー賞では作品賞、監督賞、助演女優賞、脚色賞を受賞した人気作品です。

 

 

実在の天才数学者、ジョン・ナッシュの半生を描いた物語ですね。

 

『ビューティフル・マインド』の登場人物

 

主な登場人物は、

 

  • ジョン・ナッシュ/ラッセル・クロウ(天才数学者。人付き合いが苦手な変人。)
  • アリシア・ナッシュ/ジェニファー・コネリー(ジョンの妻。ジョンの勤務先で出会う。)
  • チャールズ/ポール・ベタニー(ジョンの大学時代の親友。)
  • パーチャー/エド・ハリス(アメリカ国防省の諜報員。ジョンに極秘任務を依頼する。)
  • マーティン・ハンセン/ジョシュ・ルーカス(ジョンの大学時代のライバル。後に、プリンストン大学の教授に。)

 

 

実在した天才数学者・ジョン・ナッシュと、彼の周囲の人間がメインとなります。

 

 

ラッセル・クロウは、人付き合いが苦手な天才数学者という難しい役を完璧に演じました。

 

 

ジョンの妻・アリシアを演じたジェニファー・コネリーは、本作で助演女優賞を受賞しています。

 

『ビューティフル・マインド』のあらすじ

 

1947年。ジョン・ナッシュはプリンストン大学院の数学科に入学する。彼は「この世の全てを支配できる理論を見つけ出したい」という願いを果たすため、一人研究に没頭していくのだった。そんな彼の研究はついに実を結び、「ゲーム理論」という画期的な理論を発見する。 

やがて、その類いまれな頭脳を認められたジョンは、MITのウィーラー研究所と言われる軍事施設に採用され、愛する女性アリシアと結婚する。政府組織は敵国であるロシアの通信暗号解読を彼に強要し、その極秘任務の重圧に彼の精神は次第に追い詰められていく。

引用元:Wikipedia

 

 

名門プリンストン大学院の数学科に入ったジョン・ナッシュは、優秀な学生の中でも並外れた頭脳を持っていました。

 

 

在学時には数学史に残る「ゲーム理論」を見つけ、卒業後はウィーラー研究所という一流研究機関に招かれる。

 

 

また、そこで出会った愛する女性アリシアと結婚し、順風満帆な人生を送っていたジョン

 

 

しかし、CIAが、彼の頭脳を極秘の暗号解読に利用しようとし…。

 

 

 

実在の天才数学者、ジョン・ナッシュの半生を描いた物語です。

 

 

多少のフィクションは混ざっているようですが、学生時代での「ゲーム理論」の発見など、数学史に残る功績は、そのままです。

 

 

天才でありながら変人でも会ったジョンが、周りと衝突しながらも関係を気づく姿が印象的です。

 

 

中盤には、アッと驚くような急展開もあるので、お見逃しなく!

 

『ビューティフル・マインド』の魅力

 

では、『ビューティフル・マインド』の魅力を紹介します。

 

天才・ジョン・ナッシュを支える人達が素敵。

 

『ビューティフル・マインド』は、天才・ジョン・ナッシュを支える人達が素敵です。

 

 

ジョンは、授業や教科書は不要なものだと考え、独自の方法で研究に没頭したりと、天才でありながら型破りな人間。

 

 

なので、周囲の人間から理解されずに変人扱いされることも多いです。

 

 

しかし、大学時代は彼を理解してくれるルームメイトや友人が、卒業後は、彼を支えてくれるアリシアという存在がいました。

 

 

後にノーベル数学賞を受賞するジョンですが、彼らの存在がなければ、その功績もなかったのではないでしょうか。

 

 

特に、妻・アリシアは、気難しく精神的にも不安定なジョンを献身的な支えていました。

 

 

アリシアを始めとした周囲の支えがあるからこそ、ジョン・ナッシュのような天才が評価されるのですね。

 

 

自分が特別な才能がなくても、そういった才能を持つ人を支えることができると感じられる作品でもありますね。

 

大どんでん返しのストーリー

 

『ビューティフル・マインド』の醍醐味といえば、大どんでん返しのストーリーです。

 

 

ネタバレ無しなので、詳しくは言えませんが、真実を知った時はマジで驚くでしょう。

 

 

見終わった後に、また見返したくなること間違いないでしょう。

 

 

全く気づかなかったのですが、序盤から隠れて伏線が張ってあるんですよねぇ。

 

 

こういった細かいストーリーや映像の作り込みが、評価されている理由なのでしょう。

 

 

かなり抽象的な話になっていますが、まだ見ていない人は、ぜひ、ネタバレなしの状態でご覧になって下さい。

 

『ビューティフル・マインド』の評判・感想

 

 

『ビューティフル・マインド』の感想ツイート

 

天才は、輝かしい栄光だけでなく、暗すぎる闇も抱えいている、ということを感じられる映画ですね。

 

 

『ビューティフル・マインド』の感想ツイート

 

目まぐるしく展開する話で、最終的には涙を誘われる…。脚本が素晴らしい映画です。

 

まとめ:『ビューティフル・マインド』は、天才の苦悩と周囲の愛を感じられる映画

 

『ビューティフル・マインド』は、天才の苦悩と周囲の愛を感じられる映画

 

 

  • 天才の苦悩と葛藤を体感したい人
  • 愛する人を信じる素晴らしさを感じたい人
  • 大どんでん返しのストーリーが見たい人

 

 

などは、ぜひ『ビューティフル・マインド』をチェックしてみて下さい!