元気が出る映画

【ネタバレなし】「二ツ星の料理人」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

【ネタバレなし】「二ツ星の料理人」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

 

 

 

アナタは映画が好きですか?

 

 

…いいですね!

 

 

では、『二ツ星の料理人』を見たことがありますか?

 

 

むむむ…

 

 

見ているアナタは相当な映画好きですね…!

 

 

知る人ぞ知る映画ですが、面白くて見やすいので、どんな人でもおすすめできる映画です。

 

 

今回は、見ていないけど気になっている方向けに、『二ツ星の料理人』のあらすじ、魅力を紹介します。

 

『二ツ星の料理人』とはどんな映画?

 

『二ツ星の料理人』は、2015年のアメリカの料理映画です。

 

 

主演を務めるのは、『世界にひとつのプレイブック』『アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパー

 

 

天才肌だがトラブルメイカーの料理人・アダムが、再起をかけてミシュランの三ツ星を獲得を目指すストーリーです。

 

 

キムタク主演のドラマ『グランメゾン東京』は本作をオマージュしているのでは?と話題にもなりましたね。

 

『二ツ星の料理人』の登場人物

 

主な登場人物は、

 

  • アダム・ジョーンズ/ブラッドリー・クーパー(一流シェフだが、素行が悪くパリから追い出されロンドンに。)
  • エレーヌ/シエナ・ミラー(アダムに引き抜かれ彼の店で働くことになったシェフ。斬新なアイデアを持つ。)
  • ミシェル/オマール・シー(アダムのパリ時代の同僚。アダムの推薦で彼の店へ。)
  • トニー/ダニエル・ブリュール(ホテルのオーナー。アダムの友人で彼の実力を知っているが、その性格から雇うのを躊躇)

 

 

主人公・アダムがオーナーシェフを務めることになるレストランメンバーがメインとなります。

 

 

レストランの改革をすすめるために集められた実力派のシェフたちがいい味を出していますね。

 

 

主演のブラッドリー・クーパーはもちろん、『アメリカン・スナイパー』でも共演したシエナ・ミラーや、『最強のふたり』のオマール・シーなど豪華キャストが光っています。

 

『二ツ星の料理人』のあらすじ

アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)がロンドンに帰ってくる。天才肌の料理人である彼は、パリのレストランに務めていた頃、トラブルを起こしてばかりいた。しかし、現在は麻薬と酒を止めて、世界一のレストランを作るという夢を胸に抱いている。

アダムはトニー(ダニエル・ブリュール)のホテルを訪ねて、レストランを自分に任せてほしいと頼むが、アダムの悪行の数々を知るトニーは首を縦に振ろうとしない。後日、料理評論家のシモーネ(ユマ・サーマン)がレストランに来る。アダムは厨房に入ることを許可されて、その料理でシモーネの舌を満足させる。ロッシルド医師(エマ・トンプソン)のカウンセリングを定期的に受けるという条件の下、トニーはアダムにレストランを任せる。

アダムは、ミシュランの三ツ星を獲得するという目標に向けて、腕利きの料理人たちを集める。一人娘をもつシングル・マザーのエレーヌ(シエナ・ミラー)、パリで同僚だったミシェル(オマール・シー)、刑務所から出所したばかりのマックス(リッカルド・スカマルチョ)、新人のデヴィッド(サム・キーリー)が仲間に加わる。

引用元:Wikipedia

 

 

アダム・ジョーンズはパリでトラブルを起こしたことからロンドンに帰ってくる。

 

 

旧友のトニーのホテルを訪ねてレストランを任せてほしいと頼むが、素行の悪さから渋られてしまいます。

 

 

しかし、その料理の実力は一流のため、精神科医のカウンセリングを条件に、雇うことに。

 

 

料理長となったアダムは、ミシュランの三ツ星を獲得するという目標に向けて、腕利きの料理人たちを集めるが、様々な困難があり…

 

 

天才だが問題を抱えている料理人が再起をかけて、ミシュランの三ツ星を目指すというストーリー

 

 

料理はとことん実力主義なので、こういったストーリーは熱くなりますよね。

 

 

『シェフ/三ツ星フードトラック始めました』などの料理系の作品が好きな人なら絶対楽しめるでしょう。

 

『二ツ星の料理人』の魅力

 

では、『二ツ星の料理人』の魅力を紹介します。

 

アダムの料理への情熱がスゴイ!

 

主人公・アダムの料理への情熱がスゴイです。

 

 

素行が悪く立派な人間とは決して言えない彼ですが、料理への探究心は凄まじいです。

 

 

厨房で中途半端な事があると激昂して、暴れまわります。

 

 

正直、そんな上司の元で働きたくないと思っちゃいますが、それも三ツ星を獲得するため。

 

 

厨房では、妥協は許されずに、戦場のようなピリピリした雰囲気がありますね。

 

 

ただ、暴君として君臨しているのではなく、料理を良くするためなら最先端技術も取り入れる柔軟性も持っています。

 

 

精神的に弱い部分もありますが、貪欲に料理と向き合っている姿は心打つものがありますね。

 

天才の孤独を感じられる

 

またまたアダムの話になってしまいますが、料理人としては超一流でも、厨房を離れた彼は孤独です。

 

 

私生活では酒やドラッグに頼っていないと生きていけないほど疲弊してしまっています。

 

 

また、過去の身勝手な行動により、彼の足元をすくわれてしまいます。

 

 

いくら才能があっても、それに依存しすぎてしまうと、溺れてしまうことを感じましたね。

 

 

作品では、そんな彼の苦悩と成長を感じられるので、ぜひご覧になってください。

 

『二ツ星の料理人』の評判・感想

 

 

 

『二ツ星の料理人』の感想ツイート

 

取り方に注目した感想ですね。僕もここまで細かく見れていないので、次見るときは注目します。

 

 

 

 

『二ツ星の料理人』の感想

 

「強いから人に頼れるの、弱いからじゃないの」という言葉は、人一倍頑張っちゃう人には刺さるのではないでしょうか。

 

まとめ:『二ツ星の料理人』はプロフェッショナルを感じられる料理映画です。

 

『二ツ星の料理人』はプロフェッショナルを感じられる料理映画です。

 

 

  • 『シェフ/三ツ星フードトラック始めました』が好きな人
  • ブラッドリー・クーパーが好きな人
  • 挫折から立ち直りたい人

 

 

などは、ぜひ『二ツ星の料理人』をチェックしてみて下さい!