泣ける映画

【ネタバレなし】「フォレスト・ガンプ」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」の画像

 

 

「人生こんなものかなぁ」

 

「全然良いことないな」

 

 

アナタは、こう感じたことはありませんか?

 

今まさに、そんな状態だったり。

 

 

そんなアナタに、ピッタリの映画があります。

 

 

それが、「フォレスト・ガンプ」

 

 

1994年に公開された映画で、自分らしく生きる主人公のまっすぐな姿勢に、感動する作品です。

 

 

観た時に感動してもられるように、極力ネタバレはしないで紹介してきますね。

 

 

この映画がおすすめな人
  • 周りに劣等感を抱いている学生さん
  • マイナス思考な20・30代のOLさん
  • 夢を諦めてしまった20・30代のサラリーマン

 

では、行ってみましょう!

 

【フォレスト・ガンプ】を見るならココ!


※配信状況により無料ではない可能性がございます。【PR】

 

「フォレスト・ガンプ」のキャスト

 

監督

  • ロバート・ゼメキス

 

出演

  • トム・ハンクス(フォレスト・ガンプ)
  • ロビン・ライト(ジェニー・カラン)
  • サリー・フィールド(ミセス・ガンプ)
  • ゲイリー・シニーズ(ダン・テイラー)
  • ミケルティ・ウィリアムソン(ベンジャミン・“バッバ”・ブルー)
  • ハーレイ・ジョエル・オスメント(フォレスト・ガンプ・Jr.)

 

 

監督は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、「ロジャー・ラビット」ロバート・ゼメキス

 

主人公のフォレスト・ガンプを、「グリーンマイル」、「ターミナル」トム・ハンクス

 

トム・ハンクスは、この作品の脚本を渡されて、すぐにオファーを承諾したらしいので、ビビッとくるものがあったのでしょう。

 

フォレストが想いを寄せる女性ジェニーを、TVドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」に出演するロビン・ライト

 

ちなみに、ジェニーとフォレストの息子フォレスト・ガンプ・Jr.を、「シックスセンス」ハーレイ・ジョエル・オスメントが演じています。

 

「フォレスト・ガンプ」のあらすじ

 

フォレスト・ガンプ(トム・ハンクス)は、普通の子供よりも知能指数が低いため、イジメられていた。

 

しかし、母親(サリー・フィールド)や、親友ジェニー(ロビン・ライト)のサポートのおかげで、素直で心優しい性格で、前向きに生きていました。

 

そんなフォレストは、トップアスリート並みの俊足を持っており、アメフト推薦で、アラバマ大学に進学。

 

その後は、アメフトで活躍したり、ベトナム戦争で戦果を上げたり、なぜか卓球の全米代表選手になったり、と波乱万丈ながらも成功をしていく。

 

その反面、幼馴染でフォレストが想いを寄せるジェニーは、堕落した生活に落ちてしまう。

 

でも、フォレストは、一途にジェニーを想い続けて…

 

というのが、ざっくりした、あらすじです。

 

 

基本的に、コメディタッチで描かれていくので、

 

「フォレスト、成功しすぎやろ…(笑)」

 

と感じる場面もありますが、笑いながら観ていけます。

 

 

  • エルヴィス・プレスリーが、実はファレストのおかげで大スターになっていたり
  • フォレストがアメフトで活躍して、ケネディ大統領から賞をもらったり
  • フォレストが有名になって、ジョン・レノンと対談していたり

 

などなど、アメリカのカルチャーに詳しい人なら、クスッと笑えるシーンが多いのも、魅力的だと思います。

 

ピックアップキャラ:ファレスト・ガンプ/トム・ハンクス

 

「フォレスト・ガンプ」からピックアップするキャラクターは、

 

もちろん(?)、ファレスト・ガンプ

 

周りの人よりも知能指数が低いけれども、真面目で明るい性格から、さまざまな成功を掴むファレスト

 

 

ベトナム戦争の前線でも、夜空に浮かぶ星の美しさに感動したり、

 

事業で大成功し大金を手に入れても、奢ることがなかったり、

 

 

周りでさまざまな出来事が巻き起こっているのにも関わらず、ブレることのないファレストの姿勢が、なんとも面白いんですよね。

 

 

また、どんな時もジェニーを想い続ける一途なフォレストも、応援したくなります。

 

 

アナタも、フォレストの生き方に、何かヒントをもらえるのではないでしょうか。

 

「フォレスト・ガンプ」の感想

 

ドタバタすぎる展開に笑って、フォレストのまっすぐな生き方に泣きました。

 

 

僕は、お恥ずかしながら、嫌なことがあったら周りのせいにしちゃったり、成功したら鼻高々で自慢してしまうことがありました。

 

 

でも、フォレストの生き方を見ていると、どんな時もブレない姿勢が大事なのだと気付かされましたね。

 

 

「生きていて辛いなぁ」と感じてしまっている人には、ぜひ見て欲しい映画です。

 

 

悲しいことがあって落ち込んでいる人は、物事を悲観的に捉えないようになれます。

 

 

逆に、嬉しいことがあって気分アゲアゲな人な人は、調子に乗りすぎないで謙虚な気持ちを持とうと思えます。

 

 

【フォレスト・ガンプ】を見るならココ!


※配信状況により無料ではない可能性がございます。【PR】