泣ける映画

【ネタバレなしの感想】「君の膵臓をたべたい」は何回観ても感動する、泣ける映画

映画「君の膵臓をたべたい(キミスイ)」の画像

 

 

アナタは、仕事が忙しくてストレスが溜まっていませんか??

 

 

ストレスの発散に、映画を観て思いっきり泣く、という方法がありますよね。

 

 

思いっきり泣いてスッキリしたいアナタに、ピッタリの映画があります。

 

 

それが、「君の膵臓をたべたい」

 

 

 

 

2017年に公開された邦画で、何度観ても泣ける感動的な作品です。

 

 

観た時に感動してもられるように、極力ネタバレはしないで紹介してきますね。

 

この映画がおすすめな人
  • 好きな人に想いを伝えられない学生さん
  • 仕事が忙しくストレスが溜まっている20・30代のOLさん
  • たまに学生時代の恋愛を思い返す30・40代のサラリーマン

 

では、行ってみましょう!

 

「君の膵臓をたべたい(キミスイ)」のキャスト

 

監督

 

  • 月川翔

 

出演

 

  • 浜辺美波(山内桜良)
  • 北村匠海(僕 / 志賀春樹)
  • 大友花恋(恭子)
  • 矢本悠馬(ガム君 / 宮田一晴)
  • 桜田通(委員長)
  • 森下大地(栗山)
  • 上地雄輔(宮田一晴)
  • 北川景子(12年後の恭子)
  • 小栗旬(12年後の僕)

 

 

監督は、「君と100回目の恋」でもラブストーリーを手がけた月川翔

 

主人公の僕 / 志賀春樹を、「恋と噓」、「勝手にふるえてろ」に出演した北村匠海

 

ダンスボーカルグループ「DISH//」ではリーダーを務めています。

 

音楽活動で培った表現力を活かした演技で、注目の若手俳優ですね。

 

もう一人の主人公で、余命わずかの高校生 桜良(さくら)を、「賭ケグルイ」、「亜人」にも出演した浜辺美波

 

ドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」や、「咲-saki-」など、実写版という難しい役柄を演じることが多いです。

 

しかし、原作ファンからの評価も高いことが多く、演技力の高さを認められています。

 

特に、「賭ケグルイ」では、振り切った演技をしていて、評価を高めたのではないでしょうか。

 

「君の膵臓をたべたい(キミスイ)」のあらすじ

 

母校の高校で教師をしている志賀春樹/僕は、仕事を辞めようとしていた。

 

そんなある日、在校生の時に図書委員だった事から、老朽化で取り壊される図書館の整理を任される。

 

図書館を訪れると、12年前の記憶が蘇ります…

 

…12年前、春樹は、偶然、クラスの人気者である山内桜良が膵臓の病気を抱え、余命が少ないことを知ります。

 

秘密を知られたことにより、咲良は春樹に、秘密の厳守「死ぬまでにやりたいことリスト」実施の手伝いをお願いします。

 

はじめは乗り気でなかった春樹も、余命が少ないとは思えないほど、明るく前向きな咲良と徐々に心を通わせるようになるが…

 

というのが、ざっくりした、あらすじです。

 

 

単なる高校生同士がイチャコラするラブストーリーではなく、病気を患った本人の生死への向き合い方や、周りの受け止め方を描いた作品になります。

 

原作者である住野よる先生は、「君の膵臓をたべたい、はラブストーリーではない」と語っており、映画化にあたっても、その軸で表現することを依頼したようですね。

 

ただの友達ではない、でも恋人でもない、主人公2人の微妙な関係に、モヤモヤしつつも、感動するストーリーです。

 

ピックアップキャラ:山内桜良/浜辺美波

 

「君の膵臓をたべたい」からピックアップするキャラクターは

 

膵臓の病を抱えたヒロイン 山内桜良

 

桜良は、家族と、主人公の春樹以外には、病気のことを隠し、明るく振舞ってクラスの輪の中心にいます。

 

しかし、春樹に対しては、普段の明るいテンションながらも、少しイジワルな行動をとったりと、小悪魔な対応を。

 

そのあざとさから、普段はクールな春樹も、取り乱してしまったりと、2人の掛け合いが面白いんですよね。

 

桜良の好きなセリフに

 

「偶然じゃない。運命なんかでもない。君が今まで選んできた選択と、私が今までしてきた選択が私たちを会わせたの。私たちは自分の意思で出会ったんだよ。

 

というものがあります。

 

偶然や運命という便利な言葉で、簡単に片付けてしまうのではなく、自分の選択1つ1つが、今、この瞬間を形成していることを表しています。

 

明るく前向きで、自分のことよりも周りを心配する桜良を、きっと好きになるでしょう。

 

「君の膵臓をたべたい(キミスイ)」の感想

 

めっちゃ泣きましたね。

 

友達から泣ける映画という情報を聞いた上で、DVDを借りて観ました。

 

ぼくは、泣ける映画だと言われると、意地でも泣きたくないという、斜に構えたいけ好かない野郎なのですが、やられましたね。

 

ど真ん中ストレートで、感動できる作品なので、涙を流してスッキリしたい人に、オススメの映画です。

 

また、浜辺美波さんが、すこぶる可愛いので、キュンキュンしたい人にもオススメですよ。