恋がしたくなる映画

【ネタバレなし】「ララランド」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介!

 

 

アナタは、好きな人のために、何かを諦めたことはありませんか?

 

または、夢を叶えるために、何かを犠牲にしたことは?

 

 

そんなアナタに、ピッタリの映画があります。

 

それが、「ララランド」

 

 

 

 

2014年にアカデミー賞も取ったミュージカル映画ですが、単なる娯楽作品ではなく、愛や夢について考えさせられます。

 

観た時に感動してもられるように、極力ネタバレはしないで紹介してきますね。

 

この映画がおすすめな人
  • 自分を表現できないで葛藤している学生さん
  • 次の恋に踏み出せない20・30代のOLさん
  • 夢を諦めてしまった30・40代のサラリーマン

 

では、行ってみましょう!

 

「ララランド」のキャスト

 

監督

 

  • デイミアン・チャゼル

 

出演

 

  • ライアン・ゴズリング(セバスチャン・ワイルダー / セブ)
  • エマ・ストーン(ミア・ドーラン)
  • ジョン・レジェンド(キース)
  • ローズマリー・デウィット(ローラ)
  • ソノヤ・ミズノ(ケイトリン)
  • J・K・シモンズ(ビル)

 

 

監督は、「セッション」でその評価を高めたデイミアン・チャゼル

 

ジャズピアニストの主人公セブは、「きみに読む物語」でも主役を演じたライアン・ゴズリング

 

ハリウッド女優を目指すヒロイン ミアは、「アメイジング・スパイダーマン」にも出演したエマ・ストーン

 

ライアン・ゴズリングエマ・ストーン「ラブ・アゲイン」「L.A. ギャング ストーリー」に続く3度目の共演で、すべてカップルを演じています。

 

そんな二人だからこそ、セブとミアの仲睦まじい姿を演じられたのではないでしょうか。

 

 

キャストに関しての噂で、当初は、ヒロイン役を「ハリーポッターシリーズ」のハーマイオニー役で有名なエマ・ワトソンにオファーしていたらしいです。

 

しかし、同時期に「実写版:美女と野獣」の撮影と被ったため、エマ・ワトソンは、オファーを断ったそう。

 

また、その「美女と野獣」の野獣役をライアン・ゴズリングが断ったとの噂も。

 

主人公とヒロインが、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンになったのは、何か運命的なものを感じますね。

 

「ララランド」のあらすじ

 

ジャズバーのオーナーを夢見るセブと、ハリウッド女優を目指すミア

 

二人の出会いは、最悪でした。

 

様々な場所で出会う二人は、いつしか惹かれ合うように。

 

夢に向かって、二人で協力し合い、ひたむきに努力を続けていましたが、少しずつズレが生じはじめ…。

 

夢を叶えること、愛すること、どちらが大事なのかを考えさせられるストーリです。

 

以上が、ざっくりした、あらすじ

 

 

ララランドの脚本は、監督のデイミアン・チャゼルが、2010年のハーバード大学在学中に、完成させていました。

 

しかし、ジャズを使用したミュージカル映画などヒットしないということで、どのスタジオにも興味を示されなかったようです。

 

また、当時は資金もコネクションもないため、作品化はできずに、一旦、計画は破棄

 

その後、2014年に「セッション」が大ヒットしたことで、資金的にも、評価的にも成功したことにより、満を持して、ララランドが制作されました。

 

それほど、強い想いで作成された映画なので、これほど素晴らしいものになったのでしょう。

 

ピックアップキャラ:セブ/ライアン・ゴズリング

 

ララランドでピックアップするキャラクターは、

 

主人公のセブです。

 

ライアン・ゴズリング演じる、ジャズバーのオーナーを目指すピアニストです。

 

時代遅れと言われているジャズを、ひたむきに愛している姿勢や、ミアをエスコートする紳士さが、カッコいいですね。

 

ララランドでは、春夏秋冬の季節が、描かれていますが、その季節ごとの、セブのファッションも見どころの一つです。

 

また、作中のピアノ演奏は、全てライアン・ゴズリング自身が行なっていることが驚きですね。

 

ライアン・ゴズリングは、クランクイン前の3ヶ月もの期間、一日2時間のレッスンを週6日こなし、ピアノを習得したようです…!

 

一つの作品に対して、これほどまでストイックに打ち込む姿勢は、素晴らしいですよね。

 

「ララランド」の感想

 

正直、映画館で初めてラストシーンを見たときは、受け入れられませんでした。

 

しかし、何年か後に、再度見たときは、結末に納得することができました。

 

作品の解釈が変わったのか、自身の人生経験が増えたのかは、分かりませんが、見る人によって物語の捉え方が違うと思います。

 

テンプレートのようなラブストーリーに飽き飽きした人は、ぜひララランドをみてください。

 

ただ、ミュージカルシーンなどは、見ているだけでワクワクするので、音楽好きの人にもオススメですよ。