泣ける映画

【ネタバレなし】「レインマン」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

【ネタバレなし】「レインマン」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

 

 

 

アナタは映画が好きですか?

 

 

…いいですね!

 

 

では、『レインマン』を見たことがありますか?

 

 

むむむ…

 

 

見ているアナタは相当な映画好きですね…!

 

 

知る人ぞ知る映画ですが、面白くて見やすいので、どんな人でもおすすめできる映画です。

 

 

今回は、見ていないけど気になっている方向けに、『レインマン』のあらすじ、魅力を紹介します。

 

『レインマン』とはどんな映画?

 

『レインマン』は、1988年公開のアメリカ映画。

 

 

監督はバリー・レヴィンソン。主演はダスティン・ホフマン、トム・クルーズ。

 

 

自由奔放な青年と重いサヴァン症候群の兄との出会いと兄弟愛、そして人間としての変化を描いたヒューマンドラマです。

 

『レインマン』の登場人物

 

主な登場人物は、

 

  • レイモンド・バビット/ダスティン・ホフマン(サヴァン症候群で、並外れた暗記力と計算能力を持つ。)
  • チャーリー・バビット/トム・クルーズ(レイモンドの弟。遺産目当ての行動をとる)
  • スザンナ/ヴァレリア・ゴリノ(チャーリーの恋人。思いやりのある性格で障害を持つレイモンドを温かい心で接する。)
  • Dr.ブルーナー/ジェリー・モーレン(レイモンドが暮らす障害者施設のドクター。)

 

 

サヴァン症候群の兄をダスティン・ホフマン、遺産目当ての弟をトム・クルーズが演じます。

 

 

サヴァン症候群という難しい役柄を見事演じたダスティン・ホフマンは必見ですね。

 

 

また、若かりし頃のトム・クルーズの美青年っぷりも、ぜひチェックしてほしいです。惚れちゃいますね。

 

『レインマン』のあらすじ

 

チャーリー(トム・クルーズ)は高級車のディーラーをしているが経営が思わしくない。そんな彼のもとに長い間没交渉になっていた父の訃報が届く。遺産目当てに故郷にかえったチャーリーは、車とバラ以外の財産がサヴァン症候群の兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)への信託財産として運用されることを知る。遺産を手に入れようと、チャーリーはレイモンドが入所している施設から強引にレイモンドを連れ出し、ロサンゼルスに戻ろうとするが、その道中でレイモンドの持つ特殊な才能と、幼い頃に彼と交わした交流を思い出す。

引用元:Wikipedia

 

 

 

父親の訃報を聞き、遺産目当てで故郷に帰ったチャーリーは、遺産がある人物に渡っていることを知る。

 

 

それは、兄であるレイモンド。

 

 

しかし、チャーリーが幼い頃から施設に預けられていたため、レイモンドの存在を知らなかった。

 

 

チャーリーは、レイモンドの後見人になり遺産を手に入れるため、強引に施設からレイモンドを連れ出す。

 

 

その道中で、レイモンドの才能を知ったり、幼い頃の彼との思い出が蘇り…。

 

 

 

遺産目当てで始まったレイモンドとチャーリーの交流。

 

 

様々な困難がある旅を経て、彼らの心境にも変化が生じていきます。

 

 

ラストシーンは、涙なしには見られないでしょう。

 

『レインマン』の魅力

 

では、『レインマン』の魅力を紹介します。

 

ダスティン・ホフマンの怪演が光る

 

レイモンドを演じたダスティン・ホフマンの演技が素晴らしいです。

 

 

サヴァン症候群という難しい役を完璧に演じているので、作品中の違和感は全くありません。

 

 

役作りのために、サヴァン症候群の方の生活を体験したり、作品のモデルとなったキム・ピークさんと対面したりと、入念な準備をしたらしいですね。

 

 

その努力あっての演技だとすると、ダスティン・ホフマンのプロフェッショナリズムを感じます。

 

 

ぜひ、その目で確かめてみてほしいですね。

 

レイモンドとチャーリーの交流が素敵

 

レイモンドとチャーリーの交流は、チャーリーの悪巧みから始まります。

 

 

チャーリーの恋人のスザンナも、遺産目当てでレイモンドを連れていることを知ると、めっちゃ怒ってましたからね。

 

 

しかし、レイモンドとの幼き日の出来事を思い出すことで、チャーリーの心境にも変化が。

 

 

重度のサヴァン症候群ということもあり、レイモンドの本心は分からないですが、徐々にチャーリーに心を許すようになっている様子もあり。

 

 

ラストシーンでは、2人が、本当の家族になれたと感じて号泣しちゃいました…。

 

 

アナタも、レイモンドとチャーリーの家族愛に、感動しちゃって下さい。

 

『レインマン』の評判・感想

 

 

『レインマン』の感想ツイート

 

温かくて、クスリと笑える愛すべき映画、とは素敵な表現ですね…!

 

 

 

『レインマン』の感想ツイート

 

たしかに、兄弟の尊い関係に喜びを覚える、感動的なラストですね。

 

てか、この写真のトム・クルーズ、カッコよすぎますね…!!

 

まとめ:『レインマン』は、兄弟愛・家族愛を感じる映画

 

『レインマン』は、兄弟愛・家族愛を感じる映画です。

 

 

  • 兄弟愛・家族愛に泣きたい人
  • 心が軽くなる映画が見たい人
  • トム・クルーズの美しさに惚れたい人

 

 

などは、ぜひ『レインマン』をチェックしてみて下さい!