元気が出る映画

【ネタバレなし】「スタンド・バイ・ミー」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

【ネタバレなし】「スタンド・バイ・ミー」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

 

 

 

アナタは映画が好きですか?

 

 

…いいですね!

 

 

では、『スタンド・バイ・ミー』を見たことがありますか?

 

 

むむむ…

 

 

見ているアナタは相当な映画好きですね…!

 

 

知る人ぞ知る映画ですが、面白くて見やすいので、どんな人でもおすすめできる映画です。

 

 

今回は、見ていないけど気になっている方向けに、『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ、魅力を紹介します。

 

『スタンド・バイ・ミー』とはどんな映画?

 

『スタンド・バイ・ミー』は、1986年公開のアメリカ映画。

 

 

原作はホラー小説の巨匠・スティーブン・キングの短編小説です。

 

 

1950年代末のオレゴン州の小さな町に住む4人の少年達のひと夏の冒険を描いています。

 

 

また、ベン・E・キングが歌う同名の主題歌『スタンド・バイ・ミー』は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

『スタンド・バイ・ミー』の登場人物

 

主な登場人物は、

 

  • ゴーディ・ラチャンス/ウィル・ウィートン(優秀な亡き兄に劣等感を抱いている。物語を作る才能がある。)
  • クリス・チェンバーズ/リヴァー・フェニックス(アル中の父と不良の兄という家庭に、自分の将来も悲観している)
  • テディ・ドチャンプ/コリー・フェルドマン(父が精神を病んでおり、父に耳を焼かれる過去を持つ)
  • バーン・テシオ/ジェリー・オコンネル(少しノロマなデブ。兄が不良グループにいる。)

 

田舎町に住む4人の少年グループがメインとなります。

 

 

4人それぞれが過酷な家庭環境で暮らしている。

 

 

家庭環境に問題がある彼らは、秘密小屋の中に集まっては、タバコを喫ったり、トランプをしたりと、楽しんでいます。

 

 

アナタも少年・少女時代の友達を思い出して懐かしくなるでしょう。

 

 

 

『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ

 

真面目な性格のゴーディは、何故か家庭環境に問題のあるクリスとテディ、そしてお調子者で太っちょのバーンといつもツルんでいた。ある日バーンから聞かされた話が元で、4人で2日間の大冒険へと出る事となる。そしてそこで体験した事は、生涯忘れられないものとなる。

引用元:映画ウォッチ

 

 

田舎町に住む少年グループは、ある日、街の30キロ先の森の奥に、少年の死体があるという噂を聞きつける。

 

 

「死体を見つければ有名になる。英雄になれる」と言う動機から死体探しの旅に出かけることに。

 

 

住んでいる街から出たことがない12歳の少年からは、ひと夏の大冒険となり…。

 

 

自分の12歳の時を思い出してしますエモいストーリーですね。

 

 

あの頃は、自転車で隣駅まで行くのも、ちょっとした冒険だった気がします。

 

 

アナタも、そんな少年・少女だった時を思い出してしまうのでは。

 

『スタンド・バイ・ミー』の魅力

 

では、『スタンド・バイ・ミー』の魅力を紹介します。

 

少年・少女時代を思い出してエモくなる

 

先程も言いましたが、『スタンド・バイ・ミー』を観ていると、自分が12歳だった時を思い出しちゃいます。

 

 

子供ではないけど、まだまだ大人とは言えないビミョウな年頃。

 

 

自分の世界が狭いとも知らずに、仲良い友達とバカばっかりしていたのではないでしょうか。

 

 

劇中にも、

 

『オレゴンの人口1281人の小さな田舎町キャッスルロックが、当時12歳の私には、全世界だった。』

 

とあり、自分の周りが全世界だと思いつつも、外にはバカでかい世界が広がっている感覚があるのでは。

 

 

『スタンド・バイ・ミー』は、こういったノスタルジックな気持ちになれる作品ですね。

 

ゴーディとクリスの友情が素敵

 

旅に出るのは、4人グループなのですが、特にゴーディとクリスの友情が素敵ですね。

 

 

旅の途中でゴーディは、夢の中で亡き兄の幻影に苦しめられます。

 

 

「兄の代わりに自分が死ねばよかったんだ。。」と落ち込んでしまうゴーディを、

 

 

クリスは、『お前はいつか偉い作家になれる』『テーマに迷ったらこの冒険をかけばいい』と勇気付けます。

 

 

この言葉があったからこそ、ゴーディは夢を叶えられたのではないでしょうか。

 

 

劇中には、

 

「12歳の時の親友以上のものを、人生で得る事はあるだろうか?」

 

という言葉があり、ハッと思わされるのでは。

 

 

 

正直、12歳の時の親友と今では交友していませんが、あの時の絆のようなモノは唯一無二な気がします。

 

クリス役のリヴァー・フェニックスの存在感がスゴイ

 

また、クリス役のリヴァー・フェニックスの存在感がスゴイです。

 

 

撮影当時、14・15歳と役年齢よりは上だったとはいえ、圧倒的な存在感を発揮していました。

 

 

面倒見が良くて頭が切れるクリスという役柄もピッタリでしたね。

 

 

リバー・フェニックス自身も23歳という若さで、この世を去っていってしまったため、一層、カリスマ性があります。

 

 

ぜひ、その目でリバー・フェニックスの怪演をご覧ください。

 

『スタンド・バイ・ミー』の評判・感想

 

https://twitter.com/SukiyakiWiz/status/1325124584299847694?s=20

 

 

『スタンド・バイ・ミー』の感想ツイート

 

たしかに、悩みを話せる親友の存在ってデカイですよね…!

 

 

 

『スタンド・バイ・ミー』のリバー・フェニックスを絶賛しているツイート

 

バカイケメンなので、画像検索必須ですぞ。

 

まとめ:『スタンド・バイ・ミー』はノスタルジックな映画

 

『スタンド・バイ・ミー』は12歳の時を思い起こされてくれるノスタルジックな映画

 

 

  • エモい映画が見たい人
  • 名作映画を観たい人
  • リバー・フェニックスの演技にしびれたい人

 

 

などは、ぜひ『スタンド・バイ・ミー』をチェックしてみて下さい!