泣ける映画

【ネタバレなし】「最高の人生の見つけ方」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

【ネタバレなし】「最高の人生の見つけ方」の魅力は?あらすじ・感想・評判を紹介

 

 

アナタは映画が好きですか?

 

 

…いいですね!

 

 

では、『最高の人生の見つけ方』を見たことがありますか?

 

 

むむむ…

 

 

見ているアナタは相当な映画好きですね…!

 

 

知る人ぞ知る映画ですが、面白くて見やすいので、どんな人でもおすすめできる映画です。

 

 

今回は、見ていないけど気になっている方向けに、『最高の人生の見つけ方』のあらすじ、魅力を紹介します。

 

『最高の人生の見つけ方』とはどんな映画?

 

『最高の人生の見つけ方』は、2007年のアメリカ映画。

 

 

主演は、ジャック・ニコルソン・モーガン・フリーマンが務めました。

 

 

余命6ヶ月を宣告された二人の男が、死ぬ前にやり残したことを実現するために二人で冒険に出るハートフル・ストーリーです。

 

 

『最高の人生の見つけ方』の登場人物

 

主な登場人物は、

 

  • エドワード・コール/ジャック・ニコルソン(余命六ヶ月の大金持ちの社長。家族関係はボロボロ。)
  • カーター・チェンバーズ/モーガン・フリーマン(余命六ヶ月の元・自動車修理工。愛する家族がいる。)
  • バージニア・チェンバーズ/ビヴァリー・トッド(カーターの妻。長年カーターを支えていた。)
  • 安藤 愛子(ヒロイン。三代吉と付き合っているが眞一郎が好き)
  • トマス/ショーン・ヘイズ(エドワードの秘書。冷静沈着に仕事をこなす。)

 

 

大金持ちだが人間関係がボロボロのエドワードをジャック・ニコルソンが。

 

 

裕福ではないが愛する家族がいるカーターをモーガン・フリーマンが。

 

 

完全に正反対の二人ですが、余命が幾ばくもないという共通点により、一緒にやりたいことをする旅に出ることに。

 

 

徐々に仲良くなって、はしゃぎまくる2人の関係性にほっこりするでしょう。

 

『最高の人生の見つけ方』のあらすじ

 

勤勉実直な自動車整備工と、大金持ちの豪腕実業家。出会うはずのない二人が、人生の最後に病院の一室で出会った。家族のために自分の夢を犠牲にして働いてきたカーター、そして、お金だけは腐るほどあるものの見舞い客は秘書だけというエドワード。お互いに人生の期限を言い渡されたという以外、共通点は何もない。そんな二人を結びつけたのは、一枚のリスト――棺おけに入る前にやっておきたいことを書き出した“バケット(ル:棺おけ)・リスト”だった。「荘厳な景色を見る」「赤の他人に親切にする」「涙が出るほど笑う」・・・・・・と、カーターは書いた。「スカイダイビングをする」「ライオン狩りに行く」「世界一の美女にキスをする」・・・・・・と、エドワードが付け加えた!そうして始まった二人の生涯最後の冒険旅行。人生でやり残したことを叶えるために。棺おけに後悔を持ち込まないために。そして、最高の人生だったと心の底から微笑むために。残された時間は6か月。でも、まだ決して遅くない――!

引用元:Filmarks

 

 

勤勉実直なカーターと、大金持ちのエドワード、余命幾ばくもない2人が病室で出会います。

 

 

普段なら交わることがない2人が、『死ぬ前にやりたいことリスト』を実行するために、旅に出ることに。

 

 

過ごしてきた環境も性格も全く違う2人が、見つけた最高の人生とは…?

 

 

余命幾ばくもない2人の男性が、最高の人生を見つけるために冒険に出るハートフル・ストーリー

 

 

性格も考え方も全く違う2人が、徐々に友人としての絆を気づいていく様子がホッコリしますね。

 

 

「人生において大事なものは何か?」t考えさせてくれる内容でした。

 

『最高の人生の見つけ方』の魅力

 

では、『最高の人生の見つけ方』の魅力を紹介します。

 

 

やりたいことをやる後押しをしてもらえる

 

『最高の人生の見つけ方』は、やりたいことをやる後押ししてくれます。

 

 

カーターとエドワードが冒険を始めるキッカケが、棺おけに入る前にやっておきたいことを書き出したリスト

 

 

彼らはそのリストを達成するために世界中を飛び回って、最高の人生を見つけようとします。

 

 

アナタも、年始などにやりたいことを書き出したことはありませんか?

 

 

書き出していなくとも、やりたいことを妄想したことはあるのでは?

 

 

僕は、よく、やりたいことを妄想しちゃうのですが、いつも「ヒマになったら」「お金が溜まったら」と出来ない言い訳を探しちゃいます。

 

 

というのも、カーターやエドワードのように期限が決まってないから、後回しにしちゃっている感じ。

 

 

でも、人生は何が起きるか分からないので、明日、元気でいられるかの保証はないですよね。

 

 

カーターとエドワードの冒険を見ていると、やりたいことにチャレンジする絶好の機会は、今この瞬間から!と後押ししてくれているように感じます。

 

 

ぜひ、アナタも、『最高の人生の見つけ方』で、やりたいことやる欲を高めちゃって下さい。

 

人生に大事なモノを考えさせてくれる

 

また、『最高の人生の見つけ方』は、人生に大事なモノを考えさせてくれます。

 

 

社長で大金持ちのエドワード、自動車修理工で裕福とはいえないカーター

 

 

肩書を見るだけだと、エドワードの方が、羨ましい人生を送ったと思いますよね。

 

 

しかし、映画を観ていると、お金があったとしても家族や友人などの人間関係が、人生を豊かにすると、僕は感じました。

 

 

家族や友人と良好な関係を築いて過ごせるだけで最高の人生になるのでは?と考えさせられましたね。

 

 

もちろん、人生において何が大事かは、人それぞれに正解があると思います。

 

 

ただ、この映画が、人生において大事なことを考える機会にはなることは間違いないですね。

 

『最高の人生の見つけ方』の評判・感想

 

 

『最高の人生の見つけ方』の感想ツイート

 

人生のタイムリミットが分かったらどう過ごすのか?

 

また、そういった気持で日々生きていきたいと思える映画ですね。

 

 

『最高の人生の見つけ方』の感想ツイート

 

たしかに、何が大切かを考えさせてくれる映画ですな。

 

まとめ:『最高の人生の見つけ方』は、人生において大事なモノを考えさせてくれる映画

 

『最高の人生の見つけ方』は、人生において大事なモノを考えさせてくれる映画です。

 

 

  • 自分が何を大事にしているのか分からなくなった
  • やりたいことがあるけど実行できていない人
  • 人生のテーマを見つけたい人

 

 

などは、ぜひ『最高の人生の見つけ方』をチェックしてみて下さい!