元気が出る映画

【ネタバレなしの感想】「マイ・インターン」はポジティブな気持ちになれる映画

映画「マイ・インターン」の画像。ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイ

 

 

アナタは、新しいことに挑戦したかったけど、一歩踏み出せなかったことはありませんか?

 

また、仕事が忙しくて、休み明けに会社に行きたくないと思ったことは?

 

そんなアナタに、ピッタリの元気が出る映画があります。

 

それが、「マイ・インターン」

 

 

2015年に公開された映画で、新しいことを始める勇気や、少し仕事のやる気が出る、作品です。

 

観た時に感動してもられるように、極力ネタバレはしないで紹介してきますね。

 

この映画がおすすめな人
  • 新しいことに挑戦出来ていない20・30代サラリーマン
  • 仕事が忙しすぎて疲れている20・30代のOLさん
  • 定年後の生活を想像できていない40・50代の方

 

では、行ってみましょう!

 

「マイインターン」のキャスト

 

監督

 

  • ナンシー・マイヤーズ

 

出演

 

  • ロバート・デ・ニーロ(ベン)
  • アン・ハサウェイ(ジュールズ)
  • レネ・ルッソ(フィオナ)
  • アダム・ディバイン(ジェイソン)
  • アンダーズ・ホーム(マット)

 

 

監督は、ナンシー・マイヤーズ

 

マイインターンでは、脚本も担当しており、マルチな才能を持った女性監督です。

 

シニアインターンに挑戦するベンは、「ゴッドファーザー」、「ジョーカー」に出演したハリウッドを代表する名優 ロバート・デ・ニーロ

 

ベンのインターン先の社長ジュールズは、「プラダを着た悪魔」、「レミゼラブル」に出演したアン・ハサウェイ

 

ロバート・デ・ニーロの存在感は凄くて、昔気質だが、心優しく、周りに好影響を与えるベンを完璧に演じましたね。

 

ジュールズの会社で働くメンバーは、若手俳優が多く、ベンと仲良くなっていく様子も、微笑ましくて面白いです。

 

「マイインターン」のあらすじ

 

主人公 ベンは、妻に先立たれて一人で暮らしているが、さまざまな予定を入れて行動する、アクティブな、70才のおじいちゃん。

 

ある日、たまたま、シニアインターンの募集張り紙を見つけ、応募します。

 

見事、採用されますが、インターン先は、EC販売を手がけるITベンチャー企業で、パソコンも使えない高齢のベンには、何をやっているか、さっぱり。。

 

最初は全く仕事がない状態でしたが、の真面目さと的確な行動により、ジュールズにも認められます。

 

さらに、仕事だけでなくプライベートでも交流するほど、信頼されるように。

 

一方、ジュールズは、さまざまな悩みを抱えており…

 

というのが、ざっくりした、あらすじです。

 

 

キラキラしたファッション業界の話、かつ、アン・ハサウェイがメインキャストであることから、「プラダを着た悪魔」と比較されがちです。

 

たしかに、雰囲気は似ていますが、

 

  • 「プラダを着た悪魔」は、若手キャリアウーマンのサクセスストーリー
  • 「マイインターン」は、成功後のキャリアストーリー

 

のような印象です。

 

ジュールズのように、若くして成功した実業家でも、新たな困難にぶつかるんですね。

 

その壁を乗り越えるのをサポートするのが、人生経験豊富なベン、というのが物語の肝でしょう。

 

ピックアップキャラ:ベン/ロバート・デ・ニーロ

 

マイインターンからピックアップするキャラクターは

 

主人公のベン

 

シニアインターンメンバーとして、ベンチャー企業で働き始めるベン

 

  • 始業前に来て車内を清掃する
  • 上司が帰るまではオフィスに残る

 

など、昔気質の働き方ではありますが、目的を持ったベンの行動は、会社の雰囲気を良くします。

 

また、ベン自身も

 

  • MacBookの操作を覚える
  • フェイスブックに登録する

 

など、新しいことに抵抗なく挑戦する姿勢も持っています。

 

新しい会社に、昔ながらだけど、良い習慣を教えて、自らも、若者のカルチャーを取り言える姿勢が、ベンの素晴らしいところですね。

 

インターン先の若い同僚が、ベンに触発されて、ビンテージの鞄を買ったり、トラディショナルなファッションをしたりする姿も面白いです。

 

ベンの好きなセリフに、

 

「ハンカチは必ず持ち歩く、なぜなら女性が泣いているときにそっと手渡すためだ。

 

というものがあります。

 

作中でも、ベンは女性が泣いているときや、気分が悪くなったときなど、すかさずハンカチを渡しています。

 

紳士的で優しいベンを表したセリフで、見習うべき行動ですね。

 

ベンのおかげで、ぼくも、出かけるときはハンカチを欠かさず持つようになりました。

 

「マイインターン」の感想

 

観た後の感想としては、とりあえず、ベンがめっちゃカッコよい。

 

  • 新しいことに挑戦する気持ち
  • 恐ろしいほどの気配り力
  • 誰とでも平等に接する姿勢

 

などなど、自分もこんな、70歳になれたらなぁ、と思いましたね。

 

また、ベンが周りにポジティブな影響を与えていくので、ハッピーな気持ちになれます。

 

観ている人も、ベンに、影響を与えられているのかもしれませんね。

 

新しいことを始めてみたいけど、一歩踏み出せない人の勇気になり、

仕事が忙しくて、疲れている人には、少し気持ちを軽くしてくれる映画なので、ぜひご覧ください。